当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護士待遇改善は進んでる?今年は給与アップにも期待!

PR―介護士の仕事・就職・転職

介護士待遇改善は進んでる?今年は給与アップにも期待!



近年、介護士が抱える待遇改善の課題が社会的な注目を集めています。

実際、高い負担や低い給与に悩まされている介護士の方も多くいらっしゃるため、取り組みが進んでいるかどうかが問われています。

現在、国・自治体ともに介護施設への支援を強化することで、待遇改善に取り組んでいます。具体的には、「介護職員処遇改善加算」を施設や事業所に対して支払うことで、介護士の給与アップにつなげています。

この制度は効果的な支援策として注目されており、多くの施設で採用されています。

また、2022年からは閣議決定によって介護職員・保育士・看護師の給与引き上げが決定されました。

その中でも最も大きな影響を持つのが「介護職員処遇改善支援補助金」という制度です。

この制度では令和4年度(2022年~)まで累計530億円が投入され、介護職員の給与アップや人材確保に向けて取り組んでいます。

ただし、まだまだ課題は残されていると言わざるを得ません。

介護施設の現場では介護士が不足し、適正な待遇・労働環境を整えずに退職するケースも少なくありません。

このため、施設側もより良い労働環境を整えることで、介護士の定着率向上につながる取り組みが必要です。

加えて、介護士自身も自己研鑽に努めることが重要です。

スキルアップや資格取得を意欲的に行うことで、高い報酬やキャリアアップを実現することが可能です。

今後は、施設・自治体の支援策と自己啓発の両面から、待遇改善の取り組みを進めていく必要があるでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました