当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護職の給料、そのお金の流れを徹底解説!

PR―介護士の仕事・就職・転職

介護職は、高齢化社会の日本において、重要な役割を担う職業です。

しかし、給料や待遇が低いというイメージが強く、離職率も高い職種です。

そこで今回は、介護職の給料について、そのお金の流れを徹底解説します。

給料がいくらくらいなのか、なぜその金額なのか、給料を上げるにはどうすればいいのかなど、介護職の給料に関する疑問を解決します。

また、給与アップしたい方に向けて、転職エージェントを利用するメリットについても紹介します。

介護職の給料はいくらくらい?

介護職の給料は、職種や勤務先によって大きく異なります。

介護職の給料の平均は、正職員で約25万円、非正職員で約20万円です。

職種別に見ると、看護師は約30万円、介護福祉士は約27万円、ヘルパーは約22万円となっています。

勤務先別に見ると、介護施設で働く介護職員の給料は平均約25万円、訪問介護で働く介護職員の給料は平均約22万円となっています。

介護職の給料はなぜその金額なのか?

介護職の給料は、主に以下の3つの源泉から支払われます。

  • 介護報酬
  • 処遇改善加算
  • 利用料

介護報酬

介護報酬とは、介護保険制度に基づき、介護サービスを提供した事業者に国が支払う対価です。

介護報酬は、介護サービスの種類や内容、提供者の資格などによって算定されます。

処遇改善加算

処遇改善加算とは、介護職員の処遇改善を目的として、介護報酬に上乗せされる加算です。

処遇改善加算は、介護職員の給料を増やすために、国が事業者に支給するものです。

利用料

利用料とは、介護サービスを利用した人が事業者に支払う費用です。

利用料は、介護サービスの種類や内容、提供者の資格などによって算定されます。

給料を上げるには

介護職の給料を上げるには、以下の方法があります。

  • 資格を取得する
  • 正職員になる
  • 転職する

資格を取得することで、介護報酬や処遇改善加算の加算額が増え、給料を上げることができます。

また、正職員になることで、非正職員に比べて給料が高くなります。

さらに、転職することで、給与や待遇の良い職場を見つけることもできます。

給与アップしたい方へ

給与アップしたい方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、求人情報の提供や面接対策など、転職を成功させるためのサポートを無料で受けることができます。

また、転職エージェントは、給与や待遇の良い求人案件を多く保有しています。

そのため、転職エージェントを利用することで、給与アップの可能性を高めることができます。

まとめ

介護職の給料は、職種や勤務先によって大きく異なります。

介護職の給料は、主に介護報酬、処遇改善加算、利用料の3つの源泉から支払われます。

給料を上げるには、資格を取得する、正職員になる、転職するなどの方法があります。

給与アップしたい方は、転職エージェントの利用を検討してみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました