当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護士にできること-看護師にはできないこと。違いを知る!

PR―介護士の仕事・就職・転職

今、多くの人が高齢者や障害者、病人の介護をしなければならないという大変な状況に置かれています。

今回は、介護士に資格があること、看護師などの医療従事者にしかできないことについて書いていきます。

大切な人を介護したいと思っているご家族の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

看護師と介護士の仕事内容の違いを知るために、読み進めてください。

介護士と看護師の違いを理解する

介護士は、食事の準備や服薬指導など、日常生活のさまざまな場面で手助けをする人です。

介護士は通常、特別な訓練や資格を必要としませんが、介護士になりたい人のための訓練を提供している団体もあります。

介護者は通常、介護される人の幸福に影響を与える特定の年齢、性別、民族、社会経済的な要因についての知識を持っている。

一方、看護師は、正式な教育と免許を有するヘルスケア専門家である。

看護師は正式な教育を受け、試験に合格して州の看護委員会から認定される必要があります。

看護師は、投薬、診断テストの実施、創傷処置、患者のケアプランの作成など、直接的な医療ケアを提供することができます。

また、医学的なアドバイスを提供したり、患者の状態を確認するために自宅を訪問することもあります。

介護士にできること

介護者は、入浴や身だしなみなどのパーソナルケア、食事の準備、家事など、さまざまな作業を支援することができます。

また、介護する人の精神的なサポートや、付き添い、会話なども行うことができます。

また、介護者は、患者さんの身体的・精神的な健康をモニターし、服薬の注意を促し、患者さんが家族や友人、他の介護者とつながりを保てるようにサポートします。

介護者は、移動の支援、医師の診察のための移動、患者の日常生活の支援も行います。

看護師やその他の医療従事者ができること

看護師やその他の医療専門家は、投薬、診断検査の実施、創傷ケア、患者さんのケアプランの作成など、直接的な医療ケアを提供することができます。

また、医学的なアドバイスを提供したり、患者さんの状態を確認するために自宅を訪問したりすることもあります。

医療従事者は、患者さんとご家族を精神的、心理的にサポートすることができます。

医療専門家は、他の医療機関や医療センターとのケアの調整、ケースマネージメントサービス、ホームヘルパーを手配することもできます。

大切な人を安全に介護するために知っておくべきこと

大切な人を介護する際には、その人の安全を確保するための措置を講じることが重要です。

患者の病歴、投薬、副作用の可能性、医師からの特別な指示についてよく理解しておく。

介護をするときは、怪我をしないように、また介護される人の安全を確保するために、常に適切なボディメカニクスを用いるようにします。

最後に、患者の状態の変化に常に注意を払い、必要であれば医師に連絡する。

まとめ

大切な人を介護することは、難しいことですが、やりがいのある経験です。

介護士と看護師の仕事の役割の違いと、できる仕事の内容を理解することが大切です。

介護士は付き添いから家事まで幅広いサービスを提供しますが、看護師やその他のヘルスケア専門家は、直接医療ケアを提供するよう訓練されています。

適切な予防策を講じ、情報を得ることで、大切な人が最高のケアを受けられるようにすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました