当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
PR

介護士の資格を手に、人生を豊かに彩る未来へ!働きながら夢を実現する方法

PR―介護士の仕事・就職・転職

「介護の仕事に興味があるけど、資格取得のために仕事を辞められない…」

多くの方が抱えるこの悩み、実は解決できるんです!

実務経験を積みながら、国家資格である介護士の資格を取得する方法があることをご存知ですか?

この方法なら、収入を維持しながら、自分のペースで資格取得を目指せるんです!

実務経験で介護士資格を取るメリット

  • 経済的な不安を解消しながら資格取得を目指せる
  • 介護現場で働きながら、学んだことを実践的に活かせる
  • 就職活動の幅が広がり、キャリアアップのチャンスも増える
  • 介護の仕事への理解を深め、より質の高いサービスを提供できる

 実務経験ルートで資格取得までの道

1. 介護職として働き始める

まずは、介護職員初任者研修(130時間)を受講し、介護職として働き始めましょう。

2. 介護福祉士実務者研修を受講する

介護職として3年以上の実務経験を積んだら、104時間のカリキュラムで介護の基礎知識や技術をさらに深く学べる「介護福祉士実務者研修」を受講します。

3. 介護福祉士国家試験に合格する

実務者研修修了後、年に1回行われる介護福祉士国家試験に合格すれば、晴れて介護士の資格取得となります。

実務経験で資格取得を成功させるポイント

  • 自分に合った職場を選ぶ
  • 積極的に学ぶ姿勢を持つ
  • 周囲の協力を得る
  • 試験対策をしっかりと行う

働きながら資格取得をサポートする制度・サービス

  • 教育訓練費助成金
  • 各種奨学金制度
  • eラーニング
  • 通信講座

これらの制度やサービスを活用すれば、より効率的に資格取得を目指せます!

まとめ

実務経験ルートは、働きながら介護士の資格取得を目指す方にとって、経済的負担を抑え、実践的なスキルを身につけられる最適な方法です。

介護の仕事に情熱を持ち、人生を豊かに彩りたい方、ぜひ一歩踏み出してみませんか?

あなた自身の力で夢を叶え、充実した介護士生活を送りましょう!

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました