当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護士になるための最短ルートとは?

PR―介護士の仕事・就職・転職


介護士は、高齢者や障害者の日常生活を支援する仕事です。

介護士になるためには、介護福祉士の資格を取得する必要があります。

介護福祉士の資格は、養成施設で3年間学ぶことで取得することができます。

しかし、養成施設に通う時間がないという人や、すぐに介護の仕事を始めたいという人もいるでしょう。

そのような人には、最短ルートで介護福祉士の資格を取得する方法があります。

介護福祉士になるための最短ルートは、以下の3つです。

  1. 実務者研修修了後、介護福祉士試験に合格する
  2. 福祉系高校を卒業する
  3. 介護系大学や短大を卒業する

実務者研修修了後、介護福祉士試験に合格する

実務者研修は、無資格者でも受講できる介護職員の研修です。

実務者研修を修了すると、介護福祉士試験の受験資格を得ることができます。

実務者研修の期間は、約6ヶ月です。

福祉系高校を卒業する

福祉系高校は、介護福祉士の資格取得を目指す高校です。

福祉系高校を卒業すると、介護福祉士試験の受験資格を得ることができます。

福祉系高校の卒業期間は、3年間です。

介護系大学や短大を卒業する

介護系大学や短大は、介護福祉士の資格取得を目指す大学や短大です。

介護系大学や短大を卒業すると、介護福祉士試験の受験資格を得ることができます。

介護系大学や短大の卒業期間は、4年または2年です。

介護福祉士になるための最短ルートは、自分の状況や希望に合わせて選ぶことができます。最短ルートで介護福祉士の資格を取得すれば、すぐに介護の仕事を始めることができます。

まとめ

介護士になるためには、介護福祉士の資格を取得する必要があります。

介護福祉士の資格は、養成施設で3年間学ぶことで取得することができます。

しかし、養成施設に通う時間がないという人や、すぐに介護の仕事を始めたいという人もいるでしょう。

そのような人には、最短ルートで介護福祉士の資格を取得する方法があります。

介護福祉士になるための最短ルートは、以下の3つです。

  1. 実務者研修修了後、介護福祉士試験に合格する
  2. 福祉系高校を卒業する
  3. 介護系大学や短大を卒業する

介護福祉士は、高齢者や障害者の日常生活を支援するやりがいのある仕事です。介護福祉士に興味がある人は、最短ルートで介護福祉士の資格を取得し、介護の仕事を始めてみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました